カントン包茎を自力で治すつもりですか?

カントンを治す医師

 

巷にはカントン包茎を矯正する器具なども売られていますが、その効果はいかがな物でしょうか?軽度のカントン包茎だったとしても、包皮口が狭い以上は、簡単には治す事は出来ないでしょう。やはり、カントンを治すなら医師による治療がお勧めです。カントンを治す際には、2種類の医師治療から選ぶことが出来ます。一つが泌尿器科、もう一つが美容外科クリニックです。

 

泌尿器科と美容外科クリニックの特徴

泌尿器科 治療費が割安、あくまで病気を治療・予防するのが目的
美容外科クリニック 治療費が割高、病気の治療だけでなく仕上がりも重視

 

包茎を気にする男性

この2つの治療法について簡単に違いや特徴をご紹介します。まず泌尿器科でのカントン治療、この場合は保険が適用されますので、治療費が1万から3万程度で安いのが特徴です。ただし、あくまでもカントン包茎による病気を防ぐための治療となりますので、術後の仕上がりには期待ができません。男性であれば自身のペニスに傷痕などが残ることを嫌う人が多いです。また、皮の剥け具合がいまいち悪いと感じる人もいるようです。

 

もう一つの美容外科クリニックの場合、この場合は保険が適用されませんので一般的に20万近い治療費がかかります。その代り、美容外科ですので仕上がりには満足のいく結果となる人が多いです。仕上がりの良さも視野に入れた治療を行うのが美容外科クリニックです。プライバシーの保護が徹底されているところも選ばれている秘訣と言えるでしょう。

 

カントン治療を安全かつ綺麗に仕上げるならこちら!!

カントン包茎は酷い場合、亀頭が圧迫されて壊死してしまう恐れもあります。包皮が戻らなくなって窮屈さを感じたり、勃起した際に包皮が切れて痛みを伴ったり、通常の生活にも支障をきたすことがあります。カントンを治すなら、信頼が出来る医師による治療が最もお勧めです。美観も視野に入れた安全な治療で定評があるのは、全国展開の大手包茎クリニック「ABC美容外科クリニック」です!!業界の中でも非常に注目され続けているクリニックであり、治療費の安さにも定評があります。カントンを治す場合は「カントン包茎sカット」になりますので、費用は150,000円となります(キャンペーンを適用させればもっと安くなります)。基本的にこの費用に追加でかかることはありません。費用が明瞭なところも、初めての人でも安心できる秘訣です。雑な医師や専門医師ではない医師による治療により、仕上がりの悪さに不満を持つ患者さんも少なくありません。ABCクリニックでは、他院での治療で満足がいかず、修正治療に訪れる人も年間1000人以上います。その辺からもABCの技術力の高さがうかがえますね。無料のカウンセリングが実施されていますので、まずは医師に相談する事から始めてみましょう。ネットで簡単に予約できますよ!詳細は左の画像をクリック!

全国規模のクリニックとして東京ノーストも又、包茎治療で選ばれているクリニックです。もちろん、美容外科ですので仕上がりの良さにも定評があります。カントンを治す際は、178,500円もしくは73,500円と、個人の状態によって費用が異なります。コスメティック法という他院のお手本にされているほどの技術を駆使しているクリニックです。こちらも無料カウンセリング実施中です!!

多数の有名人も治療をしたと言われる上野クリニックもお勧めできる包茎クリニックです!費用が明瞭です。カントンを治す人の中には、より手作業で丁寧に行われるコースなどを選ぶ人も多いようです。

 

日常生活を脅かす包茎の種類

日常生活に支障をきたす包茎の種類の一つで有名なのが、真性包茎です。この包茎はすぐにでも治療しないと大変なことになってしまう場合も少なくありません。大げさだと言われるかもしれませんが、真性包茎の場合、常に亀頭が出ない状態であり、この状態は勃起した時も例外ではありません。男性の生理現象の一つとして、起床時の勃起がありますが、真性包茎の酷い方の中には、勃起する亀頭に包皮が引っ張られ、毎朝地獄のような苦痛に苛まれている場合もあります。こうなるともはやコンプレックスであるということ以前に、生活に支障をきたしているということになります。そうなると、やはり背に腹は代えられませんので、治療を考えた方がよいでしょう。また、包茎手術の中でも難しい種類の治療になりますので、ベテランの医師がいる病院を選ぶことが大切です。というのも、真性包茎の場合、亀頭に包皮が癒着している場合があり、それを電気メスで剥がすことになりますから、誤って亀頭を傷つける場合もあります。包茎手術を行った数多くの中には、亀頭が傷つけられて凸凹になったという後遺症を患った方もいます。そうならないためにも、ベテラン医師にお任せするのが得策なのです。しかしながら、後遺症が怖いからといって手術を受けないのはよくありません。包茎の種類の中でも真性包茎とカントン包茎は、性生活にも異常をきたすため、精神的にも苦痛となります。悩まずにすぐにかかりつけの医師に相談したり、病院の口コミを調べてベテラン医師を探すことから始めましょう。

18歳で包茎手術

包茎で悩んでいる男性は多いと思いますが、悩んでいるのは大人だけではありません。未成年でも包茎で悩んでいる人はたくさんいます。むしろ未成年の方が大きなコンプレックスとなり、自信が持てないという男性が多いのです。治療をするには包茎手術しかない、そう思っても18歳の場合手術をしてもらえるのでしょうか。結論から言いますと、クリニックによって異なりますが、手術をすることはできます。ただし、保護者の同意書が必要です。同意書というのは、包茎手術をすることに対して、保護者の同意を証明する親の直筆サインです。18歳以下で包茎手術を受けるという場合は、まず親に話すことが最大の難関となります。小さい頃から体を見慣れている親とはいえ、ペニスの悩みはなかなか言い辛いものです。しかし、未成年の体にメスを入れるということはやはり医師も責任を問われますし、親にとっても心配なことです。どんな治療にもメリットとデメリット、つまりリスクが伴うのです。そういったことを理解し、保護者の同意を得られた上でなければ、18歳以下の場合は包茎手術を受けることはできないということになります。数十年前は包茎でも手術なんて必要ないという時代でしたから、見た目の恥ずかしさ以外で包茎のデメリットについて保護者に理解を得ることができれば承諾してくれるはずです。性感染症になりやすくなる、炎症をおこしやすくなるなど、包茎であることで健康面の不安もあるということをわかってもらう必要があります。カントン包茎であれば悠長なことは言ってられません。早めに病院で治療しましょう。

包茎手術を受けたことを秘密にしたい

包茎は日本人男性に最も多い悩みでありながら、男性同士でも話しにくい内容です。それほどデリケートな悩みですから、当然秘密にしたいという方がほとんどです。男性同士でまじまじとペニスを見せ合うという人はいないはずですが、問題は女性です。パートナーになる人はもちろんのこと、性交渉の際には見られてしまいます。包茎を見られるという恥ずかしさから包茎手術を試みる人が多くなっていますが、もちろん包茎手術をしたことも知られたくないというのが男心です。10年以上前は包茎手術を受けることを恥ずかしいと考える男性が多かったのですが、今では包茎である方が恥ずかしいと考える男性の方が多く、わりとポピュラーな治療になってきています。そのため、包茎手術を得意とするメンズクリニックが増えているため、最新技術を駆使した治療と、多彩な治療法でペニスの悩みを解決することができます。以前では考えられた、包茎手術の傷跡の心配が今はなく、女性と性交渉をした際にもバレることはなく、完全に秘密にすることができるのです。包茎手術をしたことを秘密にすることができるほど、完璧な仕上がりにできる技術を持つ医師に治療をお願いする必要があります。それを見極めるには、インターネットなどでクリニックを調べ、実際に治療を行った人の口コミや評価を参考にするということと、カウンセリングでしっかりと希望を伝えることが大切です。手術法によっても仕上がりに違いがあるので、まずは包茎手術についてしっかりとした知識を身につけることをおすすめします。